岩 崎 元 郎 の


 



右田ヶ岳        
       
      
   
防府・右田ヶ岳
photos by M. Iwasaki

大きな道標

天徳寺と前岳

観音摩崖仏

右田ヶ岳頂上

麓から見上げる右田ヶ岳


 標高426.0m、山口県から選ぶ17山の内の1山である。周防国府の北に位置し、佐波川水運と萩往還を押さえる要衝であった。ということで鎌倉時代、ここには山城が築城された。右田ヶ岳城である。急峻な岩山だから、堅固な城であったろう。

 登山コースはいくつかあるようだが、南麓に建つ天徳寺の脇から上り、山頂に立ったら北に向かい、塚跡から東へ下って車道に出、出発点に戻る周回コースが一般的なようだ。


 2012年2月11日()

 麓に右田ヶ岳登山者用臨時駐車場というのがあって、地元の対応に好感が持てた。天徳寺の山門をくぐり、山道に入る。尾根上に出ると観音摩崖仏が現れる。岩質が花崗岩だから、仏さまも白くてきれいだし、岩峰群もきりりと鮮やかに聳えている。ぐんぐん高度が上がるので気分がいい。振り返れば海が爽やかだ。思っていたより楽に頂上に立ち、コーヒーブレイク。下りも思っていたより楽で、あっけなく駐車場に戻った。山はあっけなかったが、八百名山にふさわしく、品があり、歴史があり、個性ある山であった。



標準タイム

右田小学校前(1時間20分)〜右田ヶ岳(1時間20分)〜右田小学校前

2万5000図:防府・矢田



 Copyrighit(C)2008-2013 Motoo-Iwasaki
許可無く、他ヘの転載、掲載を固くお断りします