岩 崎 元 郎 の


 
   
 山と温泉トップページへ戻る   次のページへ 

藺牟田池外輪山と藺牟田温泉

 議員さんといってもいろいろだ。日本を代表する国会議員にはじまり、県会議員、市会議員、区会議員など。山も同様、富士山や槍ヶ岳のように誰もが知っている日本を代表する山々もあれば、その土地の人しか知らない地方の山もある。

 藺牟田池外輪山と言われても、東京在住のぼくはその山がどこにあるどんな山か、まったく知らなかった。知る人ぞ知る地方の名山。2017年5月25日~27日、アルパインツアーに企画実施してもらっている「山の遠足」で“ミヤマキリシマ咲く霧島連山”に出かけた。企画に際し鹿児島県姶良市在住の野間口徹郎さんに地元ならではアイディアを出してもらった。1日目韓国岳、2日目高千穂峰、ここまではどこの会社の登山ツアーでもやっていること。3日目、野間口さんの提案で藺牟田池外輪山が入った。野間口さんたちグループのホームゲレンデであるとか。

 26日、高千穂峰から下った我々は霧島神宮参拝後、藺牟田池畔に建つレイクサイドホテルいむた清風にむかった。「ドッグリゾート鹿児島CoCoフォレいむた」の別称もある。鹿児島空港から西へ車で50分の位置にある。我々が泊まったのは金曜日だったのでお犬様は目立たなかったが、清風は犬も温泉に入れるドッグリゾートで、人気の宿である。全室レイクビュー、部屋の窓から手を伸ばせば、藺牟田池と連なる藺牟田池外輪山に届きそうだ。藺牟田池外輪山は一周7㎞、愛宕山、舟見岳、山王岳、片城山、飯盛山の5山が巡っている。最高峰は片城山の509m。

 分県登山ガイド『鹿児島県の山』(山と渓谷社刊)には、藺牟田池駐車場から右回りで一周するコースが案内されている。最初のピークは愛宕山485m、ベンチがあり眼下に広がる田園風景がいい。下って登り返すと舟見岳498m、三等三角点があるが展望はない。ここからの下りは急なので、設置してあるロープにつかまって慎重に足を運ぶこと。下った車道から急登を登っていくと高さ20mの竜石462m、しめ縄がかけられている。

 ひと下りすると車道で、登り返せば山王岳496m、展望はない。下った鞍部は小広い草地。またまた急登に息切らされれば、外輪山最高峰の片城山に立つ。下りは、ロープを設置してある岩場があったりするので慎重に下りたい。下った広い鞍部が鴨猟場。昔、この鞍部を越えてくる鴨に網をなげて捕まえた。ここから巻き道をゆっくり下れば清風の下の車道に出る。5番目のピーク飯盛山433mを往復してから、駐車場に戻る。歩行時間4時間25分、歩行距離8㎞、累積標高差+770m、-770mとガイドブックにはある。

 27日朝8時、宿を出る。ガイド記事とは逆に左回り方向にゆっくり登って鴨猟場に出る。ここからは急登になって、所々小さな岩場が出てくる。ロープが張ってあるがちょっと緊張する。傾斜が落ちて歩き易くなると片城山頂上。所々ロープの張ってある急斜面を山王岳との鞍部に下る。12時20分バススタートというタイムスケジュールなので、今回はここまでとして鞍部から池畔に伸びる遊歩道を下る。10時20分宿に戻り、温泉に入り、お昼を食べた。藺牟田温泉、なかなかいい湯であった。

                                                         2017.6.15 記





 Copyrighit(C)2008-2017 Motoo-Iwasaki
許可無く、他ヘの転載、掲載を固くお断りします